令和元年度 農林中金森林再生基金事業(農中森力基金)第1回森林作業道開設講習会開催

令和元年7月29日(月)から30日(火)山梨県小菅村、上野原市において北都留森林組合、南都留森林組合、大月市森林組合では、公益信託農林中金森林再生基金事業として森林作業道開設講習会を開催しました。第1回目となる今回は、1日目に三重県からお招きした榎本林業㈱様から「森林作業道の開設方法について」講義を頂き、実際に開設した小菅村のサントリーの森内の森林作業道を見学しました。午後からは、今回の事業地となった上野原市秋山地区の山林へ移動し、実際に「森林作業道視線ルートの見方、印のつけ方」の実践的な技術講習会を行いました。2日目は、引き続き「作業道支線ルートの見方、印のつけ方」を学びました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です