公益信託 農林中金森林再生基金助成決定!

北都留森林組合、南都留森林組合、大月市森林組合の3森林組合で申請していた公益信託の売り中金森林再生基金(森力基金)の助成決定致しました!

事業名「流域3森林組合連携による荒廃森林再生モデル事業」

事業概要

当3組合は、山梨県東部に位置し東京都と神奈川県の水源の森を管理し、その約5割の森林は今すぐ間伐を必要とする荒廃林といわれているが、人材、技術不足により間伐が進んでいない現状にある。当事業では、3組合が連携し、特別な作業班等編成し協力して取り組む。

事業対象地は南都留森林組合管内のスギ・ヒノキ人工林でFront80と森力助成事業を実施した北都留森林組合の技術を活用して、森林調査、境界明確化、作業道開設、搬出間伐等を実施。

特に前回、破砕帯の多い沢沿いの作業道作設で苦労した経験から尾根を幹線とする路網整備により、各組合管内で壊れにくい安全安心な路網整備を普及させる。

https://www.nochubank.or.jp/news/news_release/2019/post-514.html

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です