About Us

 >私たちについて >アクセス >経営理念

私たちについて


 山梨県東部に位置し、上野原市、小菅村、丹波山村を管内とする広域森林組合です。 県境を越えた隣町には、東京都奥多摩町や桧原村、神奈川県相模原市があります。

 管内森林面積は、24,721ha(うち民有林は15,719ha)ちょうど全国森林面積約2,500万haの約1/1,000の広さとなります。 


多摩川と相模川の源流域

 当組合管内の森林は、東京都へ流れる多摩川の源流と神奈川県に流れる源流の一部となっています。

波多野 晁

代表理事組合長

中田 無双  

参事

職員 集合写真
設立昭和59年7月30日 設立 (丹波山村・小菅村・上野原町森林組合の合併)
組合員数正 1,863 名  准 47 名
管内森林面積24,721ha(うち民有林は15,719ha)
出資金額41,402,000円
職員22名 ( 事務職員3名 技能職員19名 )
(令和元年6月末現在)

山梨県林業技能作業士 8名 / 森林作業道作設士 1名

アクセス

北都留森林組合 本所事務所

〒409-0112

山梨県上野原市上野原1584-1

経営理念

森を中心とした持続可能な流域循環型社会の実現


 私たちは、北都留森林組合経営理念「森を中心とした持続可能な流域循環社会の実現」に向け、次世代以降に不都合を及ぼさないことを前提に、森林生態系サービスをバランス良く採算性を引き出すために森林を持続・改良・育成する事業を継続的・計画的に意思決定を行いながら遂行していきます。

 この「持続可能な森林の管理(経営)」は人類社会の理念である地域規模の持続可能な循環型社会の構築に必ず貢献します。

 世界の生態系は地域の生態系の集まったものであり、それぞれの地域の生態系に順応した社会の構築が必要です。

「持続可能な森林の管理(経営)」はそれぞれの地域において経験則と科学的根拠に基づいた生産と環境の調和したものでなければなりません。

 今、山村地域では少子高齢化が進み、林業を担う技術者が圧倒的に不足しています。当組合は、林業の現場に立ち森林生態系サービスが流域に暮らす広域な人々に有形、無形の様々な利益がもたらされていることをしっかりと分かりやすく都市の方々に伝えることができるインタープリター(森の通訳者)として、森林を管理、施業していく優秀なリーダーが持続的に継承されていくために計画的に新たな林業の担い手を採用し育成しています。

◆全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に組合員、山村地域社会の進歩発展に貢献します
◆今日よりは明日、明日よりは明後日と常に改良改善を絶え間なく続け、創意工夫を重ねながら創造的な仕事を継続していきます
◆森林整備を積極的に行いながら、山村地域活性化のけん引役として、常に持続・自立可能な新しい山村総合産業の創出を目指します